映画『めぐり逢わせのお弁当』公式サイト

facebook
twitter

CAST

サージャン:イルファーン・カーン
Irrfan Khan

海外作品で最も活躍しているボリウッド俳優の1人であり、日本では『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』(12)の大人になった主人公役で知られている。1967年1月7日、ラージャスターン州のジャイプルに生まれる。映画俳優としてのデビューはミーラー・ナーイル監督の『サラーム・ボンベイ!』(88)。『Haasil(掌握)』(03)では「フィルムフェア」誌の最優秀悪役賞を受賞した。また『Paan Singh Tomar(パーン・シン・トーマル)』(10)では、インド国家映画賞の主演男優賞を受賞している。海外作品への出演では、『その名にちなんで』(06)、『マイティー・ハート/愛と絆』(07)、『スラムドッグ$ミリオネア』(08)、『アメイジング・スパイダーマン』(12)などがある。

イラ:ニムラト・カウル
Nimrat Kaur

1982年3月13日ラージャスターン州のピラーニー生まれ。2002年にはインド・ポップスのPVに出演、テレビCFもこなしながら、2006年にアメリカ映画『プリンセス・オブ・ペルシャ エステル勇戦記』の端役で映画デビュー。2012年にはアヌラーグ・カシャプ製作の『Peddlers(売人たち)』に出演、本作はカンヌ国際映画祭の批評家週間で上映された。そして翌2013年、『めぐり逢わせのお弁当』のヒロイン役を演じて一挙に注目を浴びる。

シャイク:
ナワーズッディーン・シッディーキー

Nawazuddin Siddiqui

1974年5月19日ウッタル・プラデーシュ州ムザッファルナガル県の町ブダーナー生まれ。1999年に『Sarfarosh(命をかけて)』に端役で初出演。ヒット作『Munna Bhai M.B.B.S.(医学生ムンナー・バーイー)』(03)などに出演した後、アヌラーグ・カシャプ監督作品『デーウD』(09)、『カハーニー/物語』(12)、『血の抗争』(12)に出演し人気を獲得。『Talaash(捜査)』(12)ではインド国家映画賞の審査員特別賞を受賞した。2013年のカンヌ国際映画祭では本作、『Monsoon Shootout(モンスーン銃撃戦)』、さらにインド映画百年を記念したオムニバス映画『Bombay Talkies(ボンベイ・トーキーズ)』と、自身の主演作3本が上映されるなど、今最も注目されている俳優である。

STAFF

監督・脚本:リテーシュ・バトラ
Ritesh Batra

1979年ムンバイのバンドラ地区生まれ。2008年に短編『The Morning Ritual(朝の儀式)』を発表。2009年には長編劇映画脚本『The Story of Ram(ラームの物語)』でサンダンス映画祭のタイム・ワーナー・フェローとアンネバーグ・フェローに選ばれる。続く短編『Gareeb Nawaz's Taxi(ガリーブ・ナワーズのタクシー)』(10)と『Café Regular, Cairo(カイロの普通のカフェにて)』(11)が注目され、後者は40以上の国際映画祭で上映され、12の賞を受賞した。本作はリテーシュ・バトラの長編デビュー作で、2013年のカンヌ国際映画祭批評家週間で初上映され、絶賛を浴びた。

PageTop